有意義な1to1をするために、話すべき3つのポイント!

(1)あなたが1to1で得たい成果はなんですか?

欲しい紹介を提供すること?
欲しい紹介をもらうこと?
きっと、その両方ですよね

そして、紹介を出すのにも、紹介をもらうのにもUSPやサービス詳細が必要になりますよね
けど、それを得ることだけが1to1だと思ってませんか?

だからでしょうか
「同じ話を聞くために、二度も三度も1to1をやっても仕方がない」
なんて声をたまに聞くことがあります

もちろんUSPやサービス詳細も大切なんですよ
けど、考えてみてください
信頼をしていない方に、大切な友人を紹介できますか?
僕はできません。。。

特に、はじめて1to1をする方とは、下記のようなことを意識して話すようにしています

・趣味、出身、家族構成などの共通点探し
・事業を始めた熱い想い
・これからの事業の展望
・顧客や社員への想い
・サービスで喜んでくれた顧客の感動の声

などを交し合うことで、相手への信頼はぐっと深まりますよね?

USPやサービス詳細は、深い信頼があってこそ活きてきます!

1to1で、あなたの熱い想いを話してみてください
仕事に対する熱い思いは、一番のUSPになるはずです

(2)信頼を得るための行動

前述の熱い想いを語る以外にもできることが幾つかあります

・相手の話を一生懸命聞く
・時間厳守
・事前資料の読み込み
・HPやfacebookを事前にチェックしておく
・リファーラルを出すために必要な質問を用意しておく
・紹介候補を用意しておく
・その場で紹介候補に電話やメールをする

相手がこのような姿勢で1to1に臨んでくれたら嬉しいのでは?
あなたと、深く人間関係を築いて行きたいのだと感じるのでは?
ぜひご自身に当てはめて考えてみてください

 

(3)最終的には相手のためにコミットメントをどこまでできるか?

僕の話をしますね、本当に大好きで信頼しているメンバー(デザイン業)がいます
友人やクライアントからデザインに関する困りごとを聞けば、真っ先に彼女を紹介をします
けど、普通に仕事をしていると、困りごとを聞く機会は限られてしまいます
年に5件〜10件の紹介を出せるかどうか

もっと紹介を出したい!と思うと、
こちらから紹介先に行動を起こさないと行けません。
「良いデザイナーがいるのだけど、会ってみませんか?」(もうちょっと上手く紹介してますよ!)

これけっこうパワー入りますよね?

ここまでしなくても、チャプターで、いつも上位表彰をされているので
やらなくても良いかぁと言う気持ちのが正直強かったです。。。

そこで、彼女と、毎月1to1を約束することにしました
お互いに最高のリファーラルを必ず持ち寄ることをコミットしようよと
万が一、持ち寄れない場合は、行動したことを報告しようよと

このコミットメントを設けたことで、自分の意識ががらっと変わりました
彼女のために、なんとしても最高のリファーラルを今月も持って行きたい
そのために、どんな行動をすれば良いのか?
どんな人に会えば良いのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です