BNIで成功する人が必ず行っている”フォローアップ”。

あなたは、リファーラルを出した後に、フォローアップしていますか?
紹介をもらったメンバーが報告をしてくるのが当たり前だと思っていませんか?
フォローアップをすることは、実は自分にとってもチャンスなんです!!

フォローアップがチャンス!?その理由

・丁寧な人、という信頼を得られる
・お返しに紹介をもらえることがある
・ほかの困りごとや相談をされることがよくある
・ネガティブな反応のサポートできる

など、メンバーから非常に厚い信頼を獲得でき、結果として自分へのリファーラルにつながることがあります。
そのためリファーラルは出しっ放しにするのではなく、ちゃんと出した後にフォローアップをすることを日頃から心がけています。

フォローアップの方法

フォローアップは紹介先、メンバーの両方に行います。
以下に例を記載しますのでぜひ参考にしてみてください。

To:紹介先
「先日ご紹介した○○さん、お話進みましたか?」

・進んでいなければ、、PUSHしてあげることができるかもしれません
・メンバーには言いづらい(断りetc)ことを僕になら言ってくれるかもしれません
・進んでいて、上手く行っている喜びや感謝の声を聞けるかもしれません(推薦状にしてあげましょう)

To:メンバー
「○○さんと上手く行ってますか?」

・提案がダメだった場合、その理由を聞き、次の紹介に活かせるかもしれません
・紹介先のレスが遅いなどの理由が分かれば、サポートしてあげられるかもしれません
・上手く進んでいて、感謝の言葉をもらえるかもしれません

 

フォローアップのタイミング

フォローアップは基本的に定期的にやります。僕の場合は、3か月ごとに行っています。
やり方は、4月、7月、10月、1月にBNIコネクトの、提供したリファーラルを2年分くらい印刷をします。
リストを見ながら、「あぁ、こんなのあったなぁ」と。
自分が出したことを、忘れているものもチラホラあります。

会場に着いたら、目的のメンバーに話を聞きに行きます。
・その後上手く行ってますか?
・なにか手伝えることはありますか?
・もっと良いリファーラルにするには、何が足りませんでしたか?

これをやることで、メンバーからの信頼や紹介先からの信頼を得ることができます。
結果として、その信頼の蓄積が自分の仕事にいつかつながります。

えっ?そこまでやるの?と思ったあなた。

これが紹介マーケティングの肝なんですよ。
出しっぱなしじゃ、もったいないんです。
僕が知る限り、BNIで成功してるメンバーは、必ずと言って良いくらいやってますね。

あなたが、リファーラルを出す目的は、メンバーや顧客の信頼を得るためですよね?
もしそうだとするならば、もう1件リファーラルを出すより、もう1回フォローをする方が簡単じゃないですか?

フォローアップは簡単にできるのに、大きな信頼を得られるチャンスがあるのです。

まずはコネクトから過去のリファーラル一覧を印刷して内容を見返してみてください!(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です