【前編】チャプターは「人数」か?それとも「質」か?

統計上、チャプターのサイズを大きくすると、
リファーラル数が増えます。
そのため、チャプター全体の売上を上げるために
メンバー数を増やすという考え方があります。

一方で、僕が「人数」か、それとも「質」かと問われたら、
結論から言ってしまうと、「質」と答えます。

2013年 夏 G1チャプターの解散と、
アプリマチャプターの再立ち上げを経験しました。

その経験をもとに、数値化をするとこうなります。

① G1の最盛期人数が36名、当時のトラフィック全国1位(2012年夏)

② アプリマの立ち上げ半年経過時の人数は20名、うち半数は入会半年のメンバー(2014年春)

① と②の生産性(僕自身のリファーラルをもらう数や、実際に売上につながった金額、リファーラルの質)を比較すると、どんな数字が出ると思いますか?

225%!!!

② の方が生産性が高かったのです!!!

上記数字は僕だけのスコアです。
他メンバーにヒアリングをしてみると、
あくまで僕個人の感覚値ですが、300%以上の
経済効果があがっているように感じられました。

再立ち上げの苦労や葛藤、そしてコツなんかも
そのうち記事に書きたいですね(#^.^#)

アプリマチャプターを再立ち上げの20名から、
現在の43名(2017年6月)に育てる過程で、
「質」にかなりこだわってきました。

今日は、そんな経験を記事に書いてみますね!(*^_^*)

■本当のキーマンを呼べるか?

あなたの、クライアントであれ、知り合いであれ、友達であれ、
本当に重要なキーマンを定例会に呼べるでしょうか?

これを一つの指標としています。

自信をもってキーマンを招待するためには、
自分自身の売上がBNIから大きく上がっている必要がありますし、
メンバーとの相互の信頼関係が厚くないと、
本当に重要なキーマンを呼ぶことはできないと思います。

自分やメンバーの売上が上がっていないのに、
経営者として重要な人を呼ぶことは
恥ずかしくてできないと思います。

もしくは、メンバーが売り込みをしたり、
ハンターのような振る舞いをするチャプターであったら、
怖くて招待なんてできませんよね?

メンバー数を増やすことも大切ですが、
まずは、メンバー全員が自信をもって
このチームに所属することで売り上げが上がると言い切れるかどうか!!
これが大切だと考えたので、最初の半年間、徹底的にGiveをしました。

週3日はアプリマのために時間を使うと決め、
メンバーの商材をとにかく理解し、
必要な外部の方につなげることを心がけました。

その結果、活動に自信をもったメンバーが、
大切なビジターをお招きできるようになりました。
翌期には12名の入会メンバーを迎えることができました。

自分の重要なキーマンを定例会に呼ぶことができるかどうか。
僕はここをものすごく意識して、
チャプターのあり方を考えています。

■朝礼に参加したいと思えるか?

再立ち上げを行った際、
チャプターのルールを厳しくしました。

一つは朝礼を6:15から始めるということです。
半数以上のメンバーが6:00前には会場に来て
内部取引の進捗確認や、リファーラル先との状況報告など
ビジネスMeetingを活発にしています。

定例会に来ると売上が上がるから楽しい、だから早く来るようになる。
少しでも長くメンバーと話しをしたいから、早く来るようになる。
これ、すごく良い状態だと思います。

この時間に朝礼を始めているチャプターは
多くはないのではないでしょうか?
アンバサダーとして関わりはじめた、ノーブレスチャプターが
朝礼をしっかり行うことで成功を納めていたので
すぐにアプリマでも取り入れさせて頂きました。

実は、G1チャプターでも朝礼はありました。
6:35集合で、6:45まで朝礼、そこからOpen Networking(ONW:名刺交換)と言うルールでした。
が、実際6:35に来るのは半数くらい。だらだら時間が過ぎ、6:45を過ぎても、80%くらいのメンバーしか集まらない。いまでは考えられませんが、それが当たり前でした。
6:35に来ても意味がないと感じ、僕自身も6:45過ぎや、7:00ギリギリに滑り込んでいた一人でした(笑)

年に1~2回、準備が手間取って遅れてしまうことがあります。
たとえ1分でも遅刻をする姿を見せたくないので、taxi(7,500円)を使って定例会に向かいます。積み重ねてきた信頼を損ねるよりは、断然安いので。

少し長くなってしまったので、
続きは今週またアップさせていただきますね!

 

後編は

■誰もが入れるチャプターにはしない!

■ パワーチームが機能しない理由

について書いていきますので、
楽しみにしていてください!!(*^_^*)

後編はこちらから。

【後編】チャプターは「人数」か?それとも「質」か?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です