ウィークリープレゼンを創ろう!

僕は2~3か月ごとにウィークリープレゼンの大テーマを決めています。

ちょうど、今月からテーマを変えたので、
そのプロセスを文字に書き出してみました。

 

■ウィークリープレゼンを通して、誰に、何を伝えたいですか?

誰に向けてウィークリープレゼンを話すのか?

『チャプターメンバーでしょ!』

と思われた方もいるのでは?

僕はメンバー全員に話すのではなく、
メンバーの中で誰(複数名でも構いません)に一番伝えたいか決めます。
なぜなら、メンバーそれぞれの広告(齊木は広告代理店です)に
関する知識や、関心度が異なるからです。

・Aさん
代理店として、アクアン(齊木の会社)の商材を販売してくれている
アクアンのサービスについても詳しい

・Bさん
広告業界にいたことがある
広告やマーケティングの知識があり
取引先にも広告予算を持っている方が多くいる

・Cさん
広告や販売促進には疎い
自分自身もあまり広告を使ったことはない
齊木のことは大好きだが、内部リファーラルも試す機会がない

どうでしょうか?
全員に向けて理解できる内容を話そうとすると、
盛りだくさんになり時間が足りなくなります。
結局、誰にも、何も印象に残らないプレゼンになりがちです。

きちんと準備をせずに、直前でプレゼンを考えると、
こういうことになりがちです。先週の僕がまさにそうでした(涙)

 

■ゴールから決める!!

僕がこの3か月で得たい成果は、

『新メニューの、内部の体験事例、成功事例をもう少し増やしたい!』

ということです。
主にCさんに向けてお話しをしたいと思っています。

今年の1月から試験的にリリースしたメニューがあります。
社内で3年ほど実践し、高い成果を残せた、ハガキを使った年間マーケティング。

『ハガキDMコンサルティング』

名刺交換の演出

見込顧客リストの管理手法

サンキューレター

USPレター

フォロー戦略!!

名刺交換をした方に自分の印象を強く残し、
信頼関係をいち早く築き上げるための手法です。

10件限定で試験導入先を募集し、
アプリマ内でも4名の方に体験を頂いていますが、
これまでウィークリープレゼンでは話したことはありません。

齊木の定めた10月~12月のウィークリープレゼンのゴール

・期間
-3か月間やってみる
-期間を決めてやる、目標数値も決めてやる
-達成に向けてプレゼン内容のPDCAを繰り返す

・成果地点
-アプリマ内の、体験事例、成功事例を3件増やす
-来年は同事業を拡大させる。そのためにもメンバーが、
外部リファーラルを、自信をもって出せるような状態を創りたい
(箱の中で商売をするつもりはありませんが、身近な人の成功体験こそ、強いクチコミの源泉だと思っています)

・話す相手
Cさんに向けて
広告をあまり使ったことがない方にも、
魅力やメリットが分かるように話す

・大テーマ
ハガキDMコンサルティングって、こんなに魅力的なサービスです!

こんな風にウィークリープレゼンのゴールを決めました!
いかがでしょうか?

 

■伝えたい魅力を細分化(LCD)する

次に大テーマの切り口を細分化します。
伝えたい魅力を、思いつく限り書き出してみました。

12個出てきました。
もしかしたら、もう少し細分化できるものもあるかもしれませんね。

①温めてきたサービスをアプリマのおかげで形にできました!!

②美谷島弁護士の事例!2回のハガキ送付で6件問い合わせ、
2件受任!年間の投資コストをすでに回収!ここからさらに加速させます!

③美谷島弁護士の事例!ゴルフの問い合わせが10件近く!
プライベートを打ち出したことで効果が!

④なぜハガキを送るのか?誰に送るのか?どんな効果を期待して送るのか?
既存顧客や、見込み客へのエデューケーションです!

⑤なぜこの事業を僕はやりたいのか?顧客が多くなりすぎてフォローアップに限界が来た!
その壁を越えるために自分が実践し、成果を出してきたことを広めたい

⑥予算感や、費用対効果について!何件くらいを発送するのが効果的なのか?

⑦ルート営業の補完として活用をする!自分の顔を思い出してもらうことが、
もっとも重要な効果のひとつである!

⑧あなたのサービスに競合はたくさんいる!
あなたに頼むべき理由を、顧客や見込み客に伝え続けて行く重要性!

⑨年賀状、暑中見舞いと組み合わせて効果的な年間プランを考えます!

⑩浜村社労士、美谷島弁護士の成果事例ができたことで、
すでに20社以上の受注につながっている!サービス内容の確立が出来てきたので、
アプリマのチカラを借りてさらに広げて行きたい!!

⑪浜村社労士や、美谷島弁護士のような、成功している士業の方。
顧客からの信頼がしっかりある。けどフォローアップのやり方が分からない、時間がない。
そんな方が最高の顧客像です!売れている人を、さらに売れるようにする!!

⑫浜村さんの感動の成果事例!美谷島さんの感動の成果事例!本人による他己紹介も!

 

■切り口ごとに掘り下げをする

アプリマのウィークリープレゼンは40秒間です
30秒くらいで終わるようにテキストをまとめていきます

掘り下げをしていく中で、文量が多くなれば
2つ、3つのプレゼンに分かれたりもします

事例①

①温めてきたサービスをアプリマのおかげで形にできました!!

①販売促進をしている、齊木です。
名刺交換をした方からお手紙をもらったことありますか?
丁寧なお手紙が届いたら嬉しいですよね。

そこに『あなたに仕事を紹介できるかもしれない』
と手書きコメントが入っていたらどうですか?
その人のことが強く印象に残るのでは?
ハガキの隅々まで目を通すのでは?

仲良くなりたい相手と、短期間で信頼構築をする!
そんなサービスを、アプリマのおかげで形にできました!!
浜村さん、美谷島さんの体験利用で、大きな成果を創ることができました。
来年の本リリースに向けて体験頂ける方 3名募集中です!

これで248文字。
1分間で話せる適切な文字数が300~350文字と言われています。
BNIのスピーチが早口とは言え、もう少しだけ、
文量を減らしたり、言い回しを変える必要があるかもしれません。

事例②

②美谷島弁護士の事例!2回のハガキ送付で6件問い合わせ、2件受任!
年間の投資コストをすでに回収!ここからさらに加速させます!

②ご縁をつなぐUSPレターを作ります!齊木です。
美谷島弁護士の事例を紹介します!
100名の休眠顧客に、「想い」と「USP」を伝えるハガキを送付!
2回の送付で、6件問い合わせ、2件受任!
年間の投資コストをすでに回収!残り半年さらに加速させます!

営業が苦手な美谷島弁護士。
どうやってUSPを見込み客に伝えるのか?
売り込み感を一切出さずに、顧客から選ばれるためには?
あなたにピッタリの手法を一緒に考えます(^◇^)

これで、189文字。
行動要請やターゲットを加えるとちょうど40秒くらいかと。

事例③

③美谷島弁護士の事例!ゴルフの問い合わせが10件近く!プライベートを打ち出したことで効果が!

③共感を産むハガキ出してみませんか?販売促進カテゴリー 齊木です。
ルート営業の際、プライベートな話ってどれくらいしてますか?
僕は仕事の話しかしない顧客が7割以上でした。

プライベート情報をハガキに載せることで、
商談シーンでは、会話が弾まない相手にも、
プライベート情報を伝えられます。
ハガキがきっかけで一気に仲良くなった顧客も!

美谷島さんは『年47回 ゴルフしてます!』と載せたら
見込み客10社からゴルフのお誘いが入ったそうです(^◇^)

これで205文字です。

テーマの細分化を12個書き出すのに、だいたい30分くらい。
慣れるまでは1時間くらいかかるかもしれません。

細分化した内容を掘り下げるのに、1つ5分くらい。
12つやると60分くらい。
こちらも慣れるまでは倍くらいかかるかもしれません。

あなたは、BNIの1年間=約50回の活動で
いくらの売上をあげようと思って参加をしていますか?
ウィークリープレゼン1打席の価値はいくらですか?

2~3か月分のウィークリープレゼンの準備に2~3時間の投資。
あなたにとって、長いですか?短いですか?

 

■熱い想いを載せてプレゼンテーション!!

こんな感じで掘り下げた内容に
優先順位をつけて並べ替えます。
2~3か月間のプレゼンスケジュールを立てます。

中には、使わないものもあるかもしれませんし、
プレゼンを進める中で、順番が入れ替わったり、
複数回繰り返す必要があると感じるかもしれません。
そこは臨機応変に(^◇^)

スケジュールと、内容が決まったら、あとはロープレ!!
せめて5回くらいはやりたいですね。
できれば社員や、友人に聞いてもらえるとベスト。
1 to 1も兼ねて、メンバー同士で練習しても良いかもですね。

テキストを見ずに話せるように練習をしていきます。
プレゼンがカッコよくないと、
クライアントに紹介したいって思ってもらえないですからね!
気持ちを込めて、熱い想いをのせてプレゼンテーションを!!

えっ!?本業が忙しいから
そんなにBNIに使える時間はないって??

僕にとってはこれも本業です。
だって、ここまで書き出した内容は

①121でも使えます
②営業資料のたたき台にもなります
③社内教育資料にもなります
④自分のプレゼンも上手くなります

効率よくいきましょー!!!

さぁ!今日もアプリマで
熱いウィークリープレゼンかましてきます!!!!

それでは!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です