京都ブレイクスルーチャプターからの4名の見学!!

先月、京都リージョンから4名の方が、
アプリマチャプターに見学にいらしてくださいました。
今日は、チャプター間交流や、見学について書いて行きます!

ブレイクスルーチャプターのバイスプレジデント 島本さんから、
見学後の感想も頂戴してますので、そちらも掲載させて頂きます。

 

■【重要】本題に入る前に、チャプター間交流の前提について

大前提として、自分がチャプターで活躍して、チャプターに貢献して、GAINもできるようになって、自分のチャプターで成果を出すのが基本だと思っています。それができるようになってから、地域や世界とのつながりにも目を向ける。

そうでないと、個々のパワーがチャプターに向かなくなるので、みんながアンハッピーになってしまいます。そんなことにならない為にも、まずはチャプター内で自分がGIVEで成果を出し、GAINでも成果を出すのが大前提。そんな風に僕は思っています!!

トレーニングをしっかり受け、それを自チャプターで実践し成果を出す!紹介の出し方や、もらい方、Givers,Gainの概念、BNIへの誇りや想い、そんなものがお互いに揃っている人同士がつながるからこそ、地域や国を越えても、信頼形成が早く、高い成果が出る。

ここが抜け落ちてしまい、お互いのGivers,Gainの受け止め方に差が産まれると、売り込まれたとか、引き抜かれたとか事故になる。他チャプターの見学は受け入れたくないです!なんてチャプターが出てきてしまう。

「トレーニングに出会いに行きましょう!」「提供できるリファーラルを見つけにいきましょう!」なんて推奨もありますが、トレーニングは、けっして時チャプターメンバーの商品を売り込みに行く場ではないですからねー!!

きちんと相手の困りや課題を理解し、Giveしていく結果として、トレーニングで出会った方とのご縁から、自チャプターメンバーへのリファーラルになるケースがあるわけです。

 

うーん長くなってきたので、とりあえずこんなところで!
上記の前置きを頭に入れながら、読み進めていただけたら嬉しいです!

今回は見学に来てくださった島本さんから、ご感想をいただいていますので、それについて補足しながらお伝えして行きますね。

 

■京都から東京へ

齊木:見学のきっかけ、何を得ようと思って参加をされましたか?

島本まず、私が齊木さんの7月の清水寺での講演を聞いた時に、BNIを活用して大成功されておられること、海外チャプターと積極的に交流されていること、10年のビジョンをチャプターで掲げておられることに感銘を受けました。

そして、私たちの京都にはインバウンドによる観光需要が高まっており、世界に発信できる文化や技術もあり、昔から世界とビジネスの交流があることの自覚が高まりました。大いに齊木さんのお話に刺激を受けました。

その後ブレイクスルーチャプターに、今年の10月までに新入会の大山さんほかグローバルな経験が豊富なメンバーが増えてきました。10月から私が三役のヴァイスとなり、グローバルビジネスコーディネーターを新設し、海外チャプターとビジネスを実現したいという思いをメンバーに伝えました。

私と大山さんで、海外との取組の先例として、齊木さんに個人的にお話をうかがいたく思っていたところ、国内チャプターとも交流を深めることがまずは大事であるとグローバルの委員会で意見が出ました。

東京と京都とは相互に交流するメリットが大きいと思います。ブレイクスルーのメンバーにも東京進出を考えるメンバーが多くいます。そこで、BNIの東京でのチャプター運営、特にアプリマさんの10年計画、海外ビジネスの現実を含め、勉強させていただこうと考えました。

チャプター同士としても交流させていただければ最高だと思い、定例会見学を申込しました。

 

■4名が京都から

齊木:4名も集まって頂いた理由は何かあるのでしょうか?

島本4名の内訳は、私ヴァイスプレジデントとグローバルビジネスコーディネーターの3名です。3名は海外ビジネスに深く関わる方たちです。(大山さん:宿泊施設運営、奥野さん:海外資産を含む資産設計アドバイザー、岩井さん:海外へよく行かれ、海外人脈も多い不動産仲介)

今回の東京訪問時に、4名でお互いに東京人脈の紹介(リファーラル)を出し合いました(海外人材派遣会社、大手投資顧問会社等)。見学するだけではなく、ビジネスを拡大するためのツアーですね。

4人の東京の人脈に連絡を取っていく中で、アプリマチャプターへのビジター招待ができたり、アプリマメンバーへのリファーラルを出すことができました。せっかく見学するからには、なにか貢献をと考えていたので、皆さんに喜んで頂けたようでなによりでした。

この4名はグローバルな広い視野・感覚をもって活動しているメンバーで非常に感覚が近く、誘いあわせて本当にスムーズに集まることができました。

齊木:宿泊してまで見学をされた価値がありましたか?それはどんなものか、具体的に教えてください。(時間とお金に見合いましたか?)

島本大いにありました。プライベートかつビジネスにつながる時間を2日間過ごすことができ、4名とも充実した時間で大変有意義でした。

また、ゆっくりとアプリマさんの定例会に行くことができました。齊木さんには近くのよいホテルをご紹介いただき、感謝しております。

個人的には前日は、新橋で大学時代の部活の仲間と10名近くで飲むことができ(ビジター招待をさせて頂いた 奥貫さん含む)、また見学した4名同士でも懇親を深めることができ、新橋で最高の夜を過ごすことができました。

 

齊木:見学をしてみて、個人として、すぐにでも取り入れられそうなことはありましたか?

島本メインプレゼンの方がビジターを多数招待されることを徹底されている点はすばらしかったです。また、ビジターへのおもてなしの工夫や、食事を提供することも取り入れることを検討したいです。

朝のチームミーティングのやり方や、定例会で感謝をメンバーにきっちりと伝えること、そして定例会後はビジネスのことをメインで話されておられ、ミーティングが効率的であったのは本当に新鮮でした。

三役だけでなく、メンバー全員が自主的に行動されていることが目に見えてわかり、本当に理想的だと考えました。素晴らしくきれいなメンバー紹介シートも参考にさせていただきます。

 

■見学の文化

齊木:アプリマメンバーへリファーラルを持って来てくださったり、ビジター同伴で見学にいらしてくれたり、ブレイクスルーメンバーの名刺フォルダをお持ちいただいたり、なぜこのようなことをしようと思いついたのでしょうか?他チャプターの方がビジターをお連れくださったのは、これが初めてです!

島本見学の際のリファーラル持参、ビジター同伴は、ブレイクスルーチャプターでは、見学のマナーとして教えられています。(別紙でブレイクスルーのルールをご参照ください。)

BNIの共通の文化でしたら、当然のことだと思い、そのように自然と行動いたしました。ビジターの奥貫さんはお連れして本当によかったです。偶然メインプレゼンターをされていた小坂さんとお知り合いだったからです。奥貫さんはBNIの仕組みに大変感激されておられました。

名刺フォルダはブレイクスルーメンバーへの貢献と、アプリマさんにもチャプター自己紹介の気持ちで、これからもおつきあいをお願いしたいという私の三役としての想いで、持参させていただくことにいたしました。これからもチャプター同士の関係が続けばと本当に願っています。

 

齊木:そのほか、京都メンバーやアプリマメンバーへのコメントがあればぜひお願いします!

島本これからもチャプター相互に、また個別のメンバー同士でもつながっていただきたいので、ご連絡を続けたいです。国内のチャプター同士の自主的な交流を広げたらBNIの可能性は飛躍的に広がると思います。

また海外チャプターとの交流も一緒に京都と東京で協力してできれば最高だと思います。齊木さん、2月1日に京都でワークショップをされるとのことですね。是非お会いしましょう。

これをきっかけにブレイクスルーとアプリマで、さらに広いグローバルな感覚、広い心をもって各メンバーが活動できれば、ビジネスも大きく広がると思います。4名という大人数で見学させていただいて本当にありがとうございました。

齊木:島本さん、この度は誠にありがとうございました!引き続きよろしくお願い致します。

 

■見学を経ての感想

今回、ブレイクスルーチャプターの4名がアプリマチャプターへ見学にいらしてくださいました。諸々感想を頂いているとおり、チャプター間交流として、お互いの信頼関係が増えて行きました。

アプリマとしても頂いているだけではなく、何人かのメンバーがブレイクスルーチャプターのメンバーへリファーラルを出すように働きかけてくれたりと、アプリマメンバー内でも意識の変化が起こっていました。

京都のメンバーが、自分の講演をきっかけに『アプリマ行きたい!!』と思ってくれて、実際に来て頂けたことは本当に嬉しいですし、そんな遠方からの見学をGIVERな精神で暖かく迎えられるアプリマメンバーがいるのも誇らしいです!

距離があるため、頻繁に会うことは簡単ではありませんが、コツコツ少しづつ信頼を積み重ねたいです。僕のお客様の困りごともすでに十数件、京都メンバーに助けてもらっています。

アプリマメンバーや、他チャプターの方もお客様の京都の困りごとがあったら、齊木に声をかけてくれるようになってきました!そういうのも入れると40件近いリファーラルを京都メンバーに提供をできています。

そんな気持ちに応えてくれて、東京での困りごとを、齊木に相談してくれる京都メンバーが少しづつ増えてきています(#^.^#)まずは自分がハブになり、背中を見せたいと思います!自然と京都と東京の成果を出しているメンバー同士が連絡を取り合うような文化を少しづつ創っていけたら嬉しいです!

また、アプリマメンバーの椎名さん(海外進出支援)と、ブレイクスルーのメンバー8名ほどで、2月末にマレーシアのBNI視察に訪問することになったそうです。(齊木は現在日程調整中、なんとか行きたいなー!!!)

BNIをもっと活用し、日本国内はもちろん、海外にいるステキなメンバーとも、自然とつながれる、そんな文化をもっと加速させて行けたらと思います!

今回京都ブレイクスルーチャプターから見学に来てくださった4名の方の詳細です。
島本 英年
島本不動産鑑定事務所 (平成28年2月~)
「不動産の鑑定評価」 田畑・山林からマンション・高層ビルにまであらゆる不動産の価格と賃料の鑑定評価。 不動産の有効利用に関するコンサルティング。
大山 彩
株式会社FALDIC (ファルディック)
予約管理・営業・清掃、宿泊施設運営の計画から立ち上げ、運営までを全て一環して請け負う
奥野智明
奥野FP事務所
人生設計プランの立案、資産運用のアドバイス、各種節約のアドバイス
岩井康介
有限会社たからが池不動産    平成2年5月に設立創業 事業用不動産の仲介 収益マンション経営 主な顧客 野村不動産、大和ハウス、日本エスリード、タマホームなどデベロッパー 経歴 服飾商社、機会メーカーをへて住友林業の不動産仲介部門をへて会社設立