<特別先行してチラ見せ!?>「まえがき」を読んでいただきました!(第二弾)

全国のBNI*メンバーが、未来をつくる子ども達に届ける絵本。

 

この絵本には、たくさんのBNIメンバーの想いやテーマ
そして、登場キャラクターを通じて子ども達に伝えたいことが
盛り込まれています。

 

想いを伝える一つの手段である『まえがき』が完成!

特に応援を下さる方々に、先行して特別にまえがきを読んで
感想をいただきました!

いただいた感想の第二弾です!!

みなさんの意見をいただきながら、さらに皆様の想いをのせて
作品をつくり上げます!!

いただいた感想がこちら

京都セントラルリージョン・ディレクターコンサルタント 山口学さん

『絵本を通じ、日本の未来を支えてくれる子どもが増えてほしい』

私自身、子どもの頃は親の思うように行動しないといけないとか
顔色伺いながら行動するという考えでしたので

自分の子供はもちろん、未来の子供たちにも自分で考え
判断して行動する事が大事だと思っています。

この絵本のプロジェクトはすごく共感出来ます。

絵本を通じて想像豊かでポジティブに行動し
日本の未来を支えてくれる子どもたちが増える事を
期待しています。

東京港中央リージョン・マルシェチャプター 高橋朋宏さん

『まえがきを読んでワクワク!!』

『まえがき』を読んで、「いったいどんな絵本になるんだろう!」と
ワクワクしました。

社会のしがらみに囚われない、自由な世界観。

動物たちが織りなす物語は、子どもたちに夢を与え
想像力を引き出してくれそうです。

どんな絵本に仕上がるのか、今から楽しみで仕方ありません!

東京NEリージョン・アバンダンスチャプター 書道家イラストレーター ユリさん

『子どもの想像力を奪っているのは、実は大人?絵本で「想像(創造)の自由」を!』

アメリカのユニバーサルスタジオの
ジョーズコーナーは、

とにかく「ビッショビショ💦」になります!

ですが、Jという国はどうでしょうか?
「この乗り物は濡れますので、カッパをご着用ください。」
しいては、ジョーズが現れる前に「あ、ジョーズだ!!!」と、ご案内もあります。

子どもたちの
「スリル、失敗、楽しい、痛い?」の貴重な経験を味わうことを
奪っているのが実は・・・

大人だったりするんです。

絵本こそ、

「想像(創造)の自由」

彼らの、

すべての楽しみをどうぞ絵本を通じて、
親が少しまってあげて、
楽しんであげて^^

そんな風に思います。

わたしが学校の先生をやめて独立したのも、
それが理由。

素敵コンセプト!
絵本楽しみです。
応援しております!!

■あなただったらどんな感想を持ちますか?
気になる『まえがき』はこちらからお読みいただけます!
http://saiki-note.com/2019/06/11/maegakikoukai/