【プロジェクト協賛者様インタビュー⑦】小木曽貴弘さん(京都セントラルリージョン・エグゼクティブディレクター)

皆様の応援・ご協力のおかげさまで1400セット以上の絵本の販売・募本を集め、大成功をおさめた「子どもの未来をつくる絵本プロジェクト」。現在は絵本読み聞かせイベント&ワークショップを全国で企画中!

今回は、当プロジェクトに共感し、協賛のお申し出をいただい小木曽貴弘さん(京都セントラルリージョン・エグゼクティブディレクター)に、齊木進がインタビューをして参りました!

BNIのディレクターとして大活躍されている小木曽さんの想いや活動について伺って参りましたので、ぜひ最後までご覧ください!

まずは小木曽さんの自己紹介をお願いします!

初めまして、小木曽貴弘(こぎそたかひろ)と申します。私は、京都セントラルリージョンでエグゼクティブディレクター奈良市京都南リージョンでリージョナルディレクターというポジションでBNIの運営を行なっています。

私たちのリージョンに関わる人の夢や目標を実現できるチームにしたい、メンバーの夢や目標をかなえられるリージョンにしたいという想いで活動を続けています。

BNIの運営を通じて、メンバーひとりひとりにポジティブな影響を与えることができたら嬉しい、そして、メンバーのBNI活動によってまたさらにその周りの人たちの人生を豊かにするきっかけになれば、なお最高ですね。

これからの京都&奈良リージョンについて教えてください!

「京都と奈良のBNIメンバーはファミリーである!」

私が関わるリージョンを表現するなら、この一言がいちばんしっくりきます。そのファミリーひとりひとりを輝かせるのが私の役割です。

これまでに私自身は、人と人との出会いから学びを得られる機会がとても多かったです。自分よりも優れた人やエネルギッシュな人たちと同じ時間を共有することで、自ずと自分もエンハンスされ成長できる。

こうした経験から、私たちのリージョンでも、高い志を持ったメンバー同士のネットワーキングアップの機会を増やして行くことを強く意識しながら活動を行なっています。エネルギッシュなメンバーたちがお互いのシナジーを生み出しあい高め合っていくことで、メンバー全員のさらなる成長につながると考えています。

そのためにも、リージョンとして、まずは600名越え!中期的には、900名越えを目指しています。ただし、やみくもに人数を増やすことを目的にするのではなく、高い志のあるメンバーを増やして質の高いコミュニティにしていきたいと思っています。

そのために私自身も自己成長をし続けます。私自身が人としての器を大きくしていくことでより多くの人と関われるチャンスが広がる、そしてその人脈をメンバーにつなげて行くことができる。なので、私はリージョン内での人脈拡大に限らず、それこそ齊木さんなどを含めて全国の質の高い人脈たちとのつながりを広げていけるよう活動しています。

BNIの価値は、短期的な売上向上といった小さな視点のものだけではなく、活動を続けた先に得られる10年後の苦楽を共にした仲間たちやコミュニティといった未来に得られる価値の方がよっぽと大きなものだと考えています。

10年先は、現在所属しているメンバーそれぞれがさらに大きく成長しているはずです。ここにいるメンバー全員が一層成長して行う定例会は、現在とは比にならないほどの大きな価値を産むはず。そういったメンバーやコミュニティの成長性を見られるのも、私がBNI運営を行う楽しみの1つですね。

ナショナルカンファレンスは大成功でしたね!

ナショナルカンファレンスは、私自身が貢献することでBNIの可能性をより大きく広げたいと考え、実行委員長に手を挙げさせて頂きました。

参加者たちからは、実際に2,000名もの方が同じBNIの理念の元で活動しているのだと、実際に会って、話したことで実感が出来たという声を多くもらいました。

日本中、そして世界中に、ビジネスの規模、人としての在り方など、それぞれの領域で優れた経営者がたくさんいて、そうした多くの優秀なメンバーたちが真剣にBNI活動を頑張っている。

BNI活動を通して、彼らと地域や国を越えたビジネスをできることもBNIのひとつの価値なのだと、感じてもらえたのであれば、運営者としては冥利に尽きますね。

地域を超えた大きなビジネスに取り組みたいと考えている人は、まずは自身が所属するチャプターに誇りを持って活動して欲しいと思います。あくまで、自身が所属するチャプターの中での信頼関係の構築がもっとも重要なことです。

近い距離にいる人たちとの信頼関係構築が出来ないのであれば、遠い距離の人たちとのそれはなおさら難しいですからね。地域を越えたリファーラルマーケティングは、直接顔を合わせて話ができる機会も必然と少なくなりますし、やはり難易度は上がります。

まずは自分のチャプターを盛り上げる。その上で、地域や国を越えて、さらにBNIでのビジネスを拡大していくことを期待したい。私はそれを全力でサポートしていきます。

絵本の帯へのコメントありがとうございました!

『日本の子どもたちに、もっとも知って欲しい価値観(ギバーズゲイン)が学べる絵本です。』

齊木さんたちの活動がきっかけで、子どもたちが親を尊敬するようになり、親の仕事に関心を持てる機会になったら良いですよね。

また起業家に関心を持ったり、BNIの社長たちカッコイイ!なんて思ってもらえるきっかけにもなるかもしれませんね。

今回の活動が、今後の他のメンバーにとっての地域貢献活動のテンプレートになるのでは?とも思っています。一歩先のお手本のような活動実績があることで、次のアイデアや活動も生まれやすくなるはず。今回の齊木さんのプロジェクトは、そうした地域貢献活動の先駆けとしても価値の高い活動だと思います。

私は、自身の母校で講演するBNIメンバーが増えたりしたら嬉しいと思っています。起業家としての成功、将来の選択肢の幅を広げられる考え方を子どもたちに伝えていく。これから大人になろうと言う世代に夢を与えられる存在になる。僕たちBNIメンバーがそうなれたらとても誇らしいですよね。

BNIに参加をしている起業家たちが輝いている!

子どもたちに背中を見せて、憧れられている!

そんな経営者集団であり続けられるよう走り続けていきます!